ペイントホームズ
甲斐店

大きな出費を回避!雨漏りの主な原因をご紹介

お住まいの劣化症状の一つに雨漏りがあります。雨漏りといえば、天井からポタポタと水滴が落ち、バケツなどで水滴を受け止めるイメージがあるのではないでしょうか。この状況はかなりひどい雨漏りです。できればここまで症状がひどくなる前に雨漏りを食い止めましょう。

今回は雨漏りの原因となる状況をお伝えしますので、ご自宅をチェックしてみてください。

その1・外壁目地・サッシ枠の劣化

サイディングの目地やサッシ枠に使用されるシーリング材は、時間の経過とともに劣化します。劣化すると、シーリング材が細くなったり、ひび割れや剥がれが生じたりして、目地に隙間ができます。これにより、雨水がサイディングの裏側に浸入し、雨漏りの原因となることがあります。日当たりの良い場所は劣化か早いので要注意です。

その2・外壁材の劣化

外壁材にはヒビ割れや反り、変形などの問題が発生することがあります。特にモルタル外壁では、ヒビ割れが生じやすく、窯業系サイディングでは反りや変形、割れなどが起こりやすい傾向があります。これらの問題が外壁に隙間を生じさせ、それが雨漏りの原因となることがあります。

その3・釘や金具の劣化

釘で固定されている外壁材が経年劣化で錆びたり浮いたりすると、雨水が下地に浸入し雨漏りのリスクが生じます。釘が錆びて膨張し、外壁材にヒビ割れを引き起こす可能性もあります。建物の異なる部材が接合する箇所には、水切り金具が設置されていますが、これも経年劣化によって雨漏りのリスクが生じます。水切り金具のつなぎ目などにはシーリング材が使用されていますが、これも劣化すると雨水の侵入が発生する可能性があります。

 

主な劣化による雨漏り個所をご紹介しました。気になる方はすぐにご自宅のチェックをしてみてくださいね!