ペイントホームズ
甲斐店

見逃してはいけない劣化・外壁のひび割れ

普段はあまり意識していない外壁の状態ですが、ご自宅の外壁にひび割れを見つけたことはありませんか?直接何かの害がなければ放置してしまうのが普通です。しかし、その放置が大きな問題につながる可能性があります。今回は外壁の劣化症状の一つ、「ひび割れ」と「ひび割れが引き起こす問題」についてお伝えします。

ひび割れは大きく「ヘアークラック」と「構造クラック」に分類されますが、その幅や種類によって対処方法が異なります。ひび割れの幅が0.3mm未満であれば取り急ぎ問題はありませんが、それ以上の場合は早急な対応が必要です。

ひび割れを放置すると、次のようなリスクが生じます。

  • 雨漏りのリスク

ひび割れから雨水が浸入し、建物内部に被害を及ぼす可能性があります。さらに、建物の耐久性が減少し、最悪の場合は外壁材の交換が必要になるかもしれません。

  • 外壁が剥がれる

外壁のひび割れが生じた箇所は脆くなっています。このまま放置すれば、周囲の塗膜も弱まり、結果として外壁がはがれてしまう可能性があります。

  • 健康被害

湿気によるカビやシロアリの発生が挙げられ、これらは健康被害や建物の安定性に影響を与えます。

  • 美観性の低下

建物の美観を損ない、古びた印象が美しさを低下させます。

外壁のひび割れは見逃してはいけない問題です。放置してしまうと大規模な修繕が必要になることもあります。最小限に費用を抑えるには、ひび割れが0.3mm未満でも早めにメンテナンスをすることが必要です。