色見本を見て気に入った色を選び、実際に塗装を行うと、思っていた仕上がりとは異なることがあります。

その差異の一因が「面積効果」です。色の錯覚によって、同じ色でも塗装される面積によって見え方が変わることがあるのです。

特に明るい色では、面積が広くなるとより明るく鮮明に感じられ、一方で暗い色は面積が広がるとより暗く感じられることがあります。小さなサンプルで見た色と、実際に広い面積に塗った色では、濃さや明るさが異なって見えてしまうのが面積効果の特徴です。

特に外壁のような広い面積に色を塗る場合、面積効果による錯覚が顕著に現れることがあります。色見本は色や質感を確認する上で便利ですが、実際の塗装においては、色の面積比が変化することを考慮する必要があります。

また、光源の違いも仕上がりに影響を与えます。

色見本は通常、蛍光灯の下で見られることが多いですが、実際の塗装仕上がりをイメージする際は、外の自然光の下で見ることが重要です。蛍光灯の下では色が薄く明るく見え、色合いが強調されたように感じられることがあります。

最終的なアドバイスとして、小さい色見本で見た色よりも実際に塗ると強めに感じられることを考慮に入れ、実際の環境や光源条件を考慮して色の選択を行うことが重要です。仕上がりにギャップが生じないよう、慎重に色の選定を行いましょう。