建物や物体を美しく保ち、長寿命化するために欠かせないのが塗料です。塗料を選ぶ際には、その基本的機能と建物の立地条件を考慮することが重要です。ここでは、塗料選びの2つのコツについて詳しく解説します。

1. 塗料がもつ基本的機能で選ぶ

(保護)

塗料の基本的な機能の一つは、建物を自然環境から守ります。紫外線、雨、風、車の排気ガスなどは建物にダメージを与え劣化する要因となります。塗装をすることで、塗膜が建物を守り、劣化を防ぎます。

(美観付与)

塗料は見た目を美しく整える役割も果たします。色彩、模様、光沢などが外観を彩り、建物のイメージをよくします。建物や物体が美しく見えることは、その価値を保ち、周辺環境と調和させる重要な要素となります。

(特別な機能の付与)

一部の塗料には、遮熱性、耐火性、耐油性、防火性、防虫性、防汚性、防水性、防音性、防カビ性などの特別な機能があります。建物の用途や環境に合わせて、これらの特殊な機能を持つ塗料を選ぶことで、安全で快適な暮らしを守ります。

2. 建物の立地条件で選ぶ

建物の位置や環境も塗料選びに影響を与えます。

例えば、海岸沿いなど、風雨にさらされる場所に建っている場合は、耐久性や耐候性に優れた塗料がおススメです。これにより、外部からの悪天候に対する防御力が向上し、建物の寿命を延ばすことができます。

高温多湿な地域に建っている場合や山間部などは、防かび性のある塗料を選ぶといいでしょう。カビや湿気による劣化を防ぐことで、建物をより長く美しく保つことができます。

以上のポイントを考慮することで、適切な塗料を選ぶことができ、建物のメンテナンスにも役立つでしょう。知っていれば、ちょっとお得な塗料選びのコツをぜひ活用してください。