塗料に含まれる材料に〝溶剤〟というものが含まれていることは知っていますか?溶剤とは塗料を溶かす成分で水性塗料であれば水、油性塗料であればシンナーが混ぜられ使用されます。今回はその溶剤の種類である〝弱溶剤〟についてお話していきます。

《弱溶剤とは?》

弱溶剤塗料は油性塗料の仲間ですが臭いのきついシンナー臭を抑えた油性塗料になります。通常使われているシンナーとは違い弱いシンナーが使用され環境にも優しい塗料になります。密着力が高いため金属や木部など幅広い用途で使用することが可能になります。

~弱溶剤のメリット・デメリット~

メリット・水性塗料より密着力がある ・耐久性、対候性に優れている ・臭いが軽減される ・幅広く使える塗料のため素材問わず使用することができる。
デメリット・弾力性のない塗膜に仕上がるためひび割れしやすい ・乾燥しにくい

ここまで弱溶剤塗料についてご紹介しました。臭いが抑えられた油性塗料なので魅力的に感じた方も多いのではないでしょうか?水性塗料では塗布できない部分や外壁材にも使用することができるため塗装工事に選ばれやすい塗料なのではないかと思います。