塗装工事を行うには家の劣化状態を知る必要があります。今、住まれている家の状態はどうですか?分かりやすいものから分かりにくいものまで症状がありますが劣化は目に見えるものから症状が出てきますので分かりやすいですよ。今回は家の劣化症状を見ていきましょう。

色褪せ劣化初期に見られる症状です。外壁の塗膜の色が変色し色が薄くなってしまいます。淡い色はあまり変化がなく分かりにくいですが濃い色の塗膜は変化が激しく色褪せに気づきやすくなります。
チョーキング触ると白い粉が付く症状で外壁を守る塗膜から樹脂が無くなった状態です。白い粉は塗料に含まれる顔料になります。顔料が剝き出しになった状態で起き、防水機能も失われ湿気や雨水を吸収しやすい状態になっています。
カビ・コケ水分が含まれやすくなった外壁にはカビやコケが繁殖しやすい環境となり生物が侵入しやすい状態となります。外観も勿論悪くなりますし、住宅の構造に大きな影響を与えてしまいます。
ひび割れ塗膜や外壁が割れひびが入った状態です。雨水が入りやすい場所などにひび割れが起きると雨が侵入する可能性があり外壁材を傷める原因となります。
塗膜の剥がれ外壁から塗膜が剥がれると外壁材が表面に出てきます。紫外線が直接当たり劣化を進行させたり水分の侵入で雨漏りを起こす可能性が大きくなります。

このように劣化の状態をまとめてみました。どれか該当するものはありましたでしょうか?塗装の目安としてチョーキング現象が出たら塗り替える方が多いようです。一刻も早く劣化に気づいたら工事をして家の状態を良い状態で維持したいものですね。