塗装工事を終えた住宅は見違えるほどきれいに仕上がりますよね。ではどのような手順で綺麗に仕上げていくのでしょうか。ただ塗料を塗るだけでは綺麗にならず外壁の保護の役目も果たせません。今回、塗装工事の工程について詳しくご説明させていただきます。

≪塗装工事の流れ≫

塗装工事は見積依頼を受けた後

現地調査→見積書作成→近隣へ挨拶回り→足場設置→高圧洗浄→下地処理→塗装工事

の順で進められます。それぞれどのような工程なのか見ていきましょう。

  • 現地調査

見積もりをお願いされた家の状態や大きさを見て測っていきます。家の劣化具合や工事する面積の大きさにより金額を決めていきます。

  • 見積書作成

劣化診断で測った大きさにより見積書を作成していきます。完成したらお客様にお渡しをし、その金額で納得いただけるか返事を待ちます。

  • 近隣への挨拶回り

契約になったら工事日程を決め、近隣への方にご挨拶回りに行きます。工事音などの騒音によりトラブルにならないため工事させていただくことをお知らせします。

  • 足場設置

家の周りに足場を組み立てます。足場は仕上がりを良くするためや職人の安全確保のために建てられます。また足場に飛散防止ネットをかけることで周りに被害が出やすい高圧洗浄の水や塗料の飛散を防止してくれます。

  • 高圧洗浄

外壁に付着した汚れを洗い流していきます。外壁に汚れが付着したままでは塗料が剥がれやすくなるためしっかりと汚れを落としていきます。

  • 下地処理

外壁に生えたカビやコケなどを落としたりひび割れなどの補修を行います。表面の細かい部分を綺麗にすることで塗料の密着を強めることができます。

  • 塗装工事

塗料は3回塗りを行い下塗り→中塗り→上塗りの順で塗料を塗っていきます。どんどん塗膜に厚みを出すことで劣化に強い塗膜を作ります。

今回塗装工事の工程について詳しくご説明させていただきました。1つの工事に沢山の工程があり住宅を守るためにどれも必要な工程です。