外壁塗装を行う目安が10年と言われる理由、皆さん知っていますか?10年って長いようであっという間ですよね。一般的に外壁塗装の寿命は10年と言われておりその期間にはいくつか理由があります。

1気象条件と災害

外壁は紫外線、雨、風などに当たり劣化していきます。寒暖差がある地域などは塗膜の膨張や収縮が起きストレスがかかることからひび割れを起こしやすくなってしまいます。地域によっては激しい天候に見舞われたり、災害が起きてしまう可能性もあり家に大きなダメージを与えることもあります。

2経年劣化

月日が経つにつれ外壁も経年劣化します。外壁の表面に小さなひび割れなどが現れてくるため10年ごとのメンテナンスがお勧めされています。

3早期発見のため

塗料の中には10年以上持つものが存在しますが少し早めに塗装工事をすることにより劣化が始まった箇所を早く見つけることが出来ます。早期発見で外壁の寿命を大幅に延ばすことが出来ます。

塗装の目安が10年とされているのはこれらの原因や理由があるためです。定期的な塗り替えやメンテナンスを行うことにより最大限に寿命を延ばすことが出来ます。