塗装工事は何のためにするかご存じですか?住まいを守るために行い、外壁と屋根塗装にはそれぞれ目的があります。劣化から守る、保護する役割は一緒です。今回は外壁、屋根塗装の効果についてお話していきます。

▲屋根塗装の効果

屋根は太陽光が当たり続け常に熱を浴びている場所ですよね。紫外線からのダメージや雨により防水機能なども低下しやすい場所です。屋根材が傷み、剥がれやひび割れなどの症状があると雨漏れ、腐食に繋がります。

屋根を塗装メンテナンスすることにより劣化を防ぐだけでなく雨を弾き雨漏れなどを防いでくれます。また太陽の熱を通さない塗料などがあり室内の温度を一定に保つ効果のあるものがあります。

■外壁塗装の役割

外壁は屋根ほどダメージを受けることは少ないですが野晒しにされており強い風や雨など直撃しやすい環境の中常に私たちを守ってくれています。外壁塗装を行うことで、住まいの外観が新築のように美しくなり、同時に外壁の耐久性が向上し、住まい自体の寿命も延びます。

外壁塗装、屋根塗装の役割の違いについてお話ししました。どちらも塗装することで家の寿命を延ばすことが出来ます。次回は外壁屋根の同時施工についてメリットをご紹介していきたいと思います。