「外観を綺麗なまま長く維持したい。」「家のメンテナンスする頻度を減らしたい。」このように考えている方は沢山いらっしゃると思います。どの塗料を使っても塗装工事をするのに決して安い金額ではありません。フッ素塗料は高価でなかなか選ばれることは多くないですが、その分一気に住宅にとって良い効果を発揮できる塗料になります。

フッ素塗料とは蛍石を原料としたもので、耐久性が非常に高い塗料になります。

主にマンションや高層ビルなどの大型物件によく使われていましたが今は一般住宅にも使われることが多くなってきました。劣化しやすい屋根やシャッターに使われることがありその効果は15〜20年という耐用年数を誇っています。

どの塗料にもメリットデメリットありますが、実際フッ素塗料で工事をした場合どんな感じに仕上がるのでしょう?

(メリット)

・耐久性、耐候性が高い:15~20年という耐久性があり、紫外線の熱から建物の劣化を防ぐ効果もあります。長い目で見れば塗替え回数が減るということもありトータルコストを抑えることができます。

・雨で汚れを落とす:撥水しない塗料なので外壁に付着した汚れを雨と一緒に洗い流す機能があります。

・カビや藻を生やさない:日当たりが悪く、湿気が多い場所でも安心して塗装できます。

(デメリット)

・価格が高い:高価な塗料のため誰でも簡単に手が出せる塗料ではありません。

・ひび割れする恐れがある:塗膜が硬いため地震や近くの道路を通るトラックなどの地面の

揺れに耐えれずひび割れが起こってしまう可能性があります。

高ければ良いということはありませんがフッ素塗料は強く、住宅を守ってくれる機能が高いものです。美観の維持、メンテナンスコストを抑えたい方に向いている塗料になります。